見つけておねがい見つけないで

自由を探しているようだ

愛について高尚なことを語る前に

f:id:hiyoko22-dadubora:20191104211811j:image

一度悪くなったものが「治る」までにはかなりのエネルギーを使うらしい。

通常の、良くも悪くもない状態を維持するのに使うくらいのエネルギー量では、悪くなったものを治すことはできない。そのうち治るかな?と思って様子を見ていても、よくない状態が維持されるだけで、もとの元気だったころには戻らない。こうして己のキャパシティが小さくなっていくのかと思うと、新たな物事にチャレンジするのにも足がすくむ。

 

転職を決めてから、唇の荒れが治らない。

熱が出たりお腹が痛くなったりするのではないから、生きていくのに差し支えないけれど見た目が悪い。原因がわからないから不安にもなるしテンションが下がる。この前なんて合コンなのに唇の荒れ方が半端なかったから、毛羽立ち、皮向けを隠そうとリップ系のアイテムを4種類くらい重ねた。おかげで飲み食いしてもリップが落ちきらなかったのはよかったけど、もう少し明るいところだったら、見られたものじゃなかったと思う。

病名をぐぐると、どうやら剥脱性口唇炎というものらしい。治療法が確立されてないこともあり、同じ症状で悩んでる人のブログやらコメントやらがたくさん出てきた。

 

唇の荒れはリップクリームを塗れば治るとかではなく、なにをどう施してもバサバサのガサガサで、明らかになにかがおかしい。

去年は下唇の下側、顎につながる皮膚と唇の皮膚の境目が毛羽立つくらいだったのに、いまや上唇も含め、唇と顔の皮膚の境目がすべてボロボロになっている。

ここ一年間くらい、リップクリームを塗ったりオイルをつけたりして様子を見てみたけど、治る兆候はない。自然治癒力なるものに期待していたけど、わたしのなかにそんなエネルギーはもう残っていないようだ。

ようやく「治す」という意志をもって行動するしかないのだと気づいた。

 

今日たまたま会って話をした1歳年下の友だちは、「自分が思うキャパの8割くらいにすべての行動を抑えている」と言っていた。残りの2割で、優先順位の低いけれどしかしやったほうがいい諸々、たとえば家の掃除や片付け、健康的なごはんを作ることなどができるのではないかと言う。

わたしの場合は、キャパの2割を「唇の不調を治す」ことに使うべきなんだろう。 

唇が荒れている原因はわからないけれど、もしかしたら食事が悪いのかもしれないし、規則正しい生活ができてないことからきてるのかもしれない。原因を知ることも含めて、食事なり生活を変えたほうがいいのはたしかだ。

それにしても生活習慣や日常的な行動を変えるのは大きなエネルギーを使う。2割どころでは足りないかもしれない。だけどすべてを変えようとしたら、たぶんそれこそキャパオーバーでまわらなくなる。それでは本末転倒ですね。

 

やはり日常をこれまで通りにこなしながら、すこしだけ余白を設けて、たとえば朝ごはんにお味噌汁を飲むとか、土曜の夕方は家にいるとかいつもと違う「ちょっと心身に良いかもしれないこと」をやってみるといいのかもしれない。

もっと若ければ、(あくまで絶対評価の若いだけれど)治ればいいなと思ってるうちに治ってるような不調も、いまでは意識してそこにエネルギーを向けなければ治らなくなっている。

老いや体のSOSには逆らえないから、変化を真摯に受け止めながら、そのつど柔らかく対処していきたいと思う。

 

誰かと付き合う前に、まずは自分と付き合えるようになりたい。よくわかって、もうそろそろいいかなってころになって、ようやく誰かと向き合える気がしている。

 

女の体と思考を脱ぎ捨てた暁にはなにになれるんだろうね

Webに書く文章をずっとお休みしてたらなにをどんな表現で書いたらいいのかまるでわからなくなっちゃったので、日記を書いてみることにします。

==

いつもどおりぎりぎりに起床。寝落ちしたけど4時くらいに「今日は化粧落とさなきゃマジで肌が終わる!!!」と意識を確かにもって洗面所にいってやたら丁寧に日焼け止め9割の化粧を落として再びベッドに入ってあっという間に朝って感じだった。

 

最近朝の満員電車が無理すぎて、定期券外のルートで出社するくせがついてしまった。ああ、いけない。でもそっちのルートだと家を出る時間が5分くらい遅くてもいいし、電車は座れるしでいいこと尽くしなんだよなあ。来月こそは定期のルート変えたいな、なんて思いつつも、どうせ手続きを漏らすんだろうなあ。

 

仕事はちっともうまくいかなくなっちまったから、毎日はんにゃみたいな顔でPC叩いているか、諦め呆れ腹立ちの無表情かましてるかどっちかだね。社内の治安を静かに乱してるかもしれないから反省しようね。

 

会社の近くにあるミニストップで「ベルギーチョコプリンパフェ」を食べたのが今日いちばん幸せを感じた瞬間だったな。炎天下のなか、うれしくて写真撮っちゃった。お行儀悪いけど、会社まで歩きながら食べて、ああ業務時間内にプリンパフェ食べれる職場でよかった~~って身も蓋もないことを思って、でも大事なことさ。

 

社内の人はみんな優しくてまるでユートピアのよう。こんな環境に慣れちゃったらもう外に出れないなって毎日思いながら働いている、もっと一生懸命働いたほうがいいね。夕飯はコンビニで買ったハンバーグだったけど、作ったとか嘘ついちゃった。あーあー、そういうところ狡いよね、でももうなれちゃった自分の性格。

 

もうこんな時間。朝シャンは目が覚めるけど時間に追われて落ち着かないから本当は夜のうちに入った方がいいんだよね。今日はちゃんとお風呂に入ってから眠れそう。明日は少し心配な仕事があるけど、きっとだいじょうぶ。早く寝なくちゃ。

 

==

 

違うんだよな。ほんとはもっと書きたかったことがあったのに。煩悩に食わせてる場合じゃないのに。新しく見つけてほくそ笑んじゃった表現とか、帰り道で見かけたやたら反り腰の女性に対して抱いた感情とか、そういうどうでもいいけど、いつかどこかで大事なよりどころになるであろう記憶を、上手に言葉でつなぎあわせられたらなあって思っているんだけど。もう言葉にできたらそれは上手なのだけど。

 

なんでわたしは女なんだろうな。脱ぎ捨てて空っぽになって期待からも絶望からも距離をとりたい。それか女としての才能を開花させて誰かの幻想になりたい。

 

願わくは、二律背反の世界の秩序が明日こそ崩れちゃくれませんかね。

 

 

最近考えている文章についてのあれこれ(2019.7.7)

いまに始まった話じゃないんだけど、日ごとに文章を書くこととどう向き合っていくかのスタンスがぶれるんですよね。少し前までは、軸が定まらない自分にものすごくいらいらしてたんだけど、でもここ最近は、ぶれること自体を楽しめるようになってきたような気がします。

 

私はいったい何になりたいんだろう......ってここ4年くらいずっと考えているのだと、ようやく自覚しました。自分が考えている事実にすら気づかないまま、いらいらしたり、決めた気になったり、右往左往していたと思うとああ恐ろしい。

その間にも進展がありました。例えば転職をしてみたり、こうして他人に公開する形で文章を書いてみたり。動いてみなきゃわからないことがたくさんあるし、続けているうちに自然と心が決まっていくというのは、先人たちの教えの通りである。

 

今後も文章を扱う仕事は続けたい

転職して、いまの会社に入社してから半年間くらいずっと、「やっぱり仕事で文章に関わるなんてやめよう、好きなことは仕事にするもんじゃないってホントだったんだ」なんて思っていました。それが今では、(9ヶ月くらい経った、だから直近3ヶ月くらい)「一日中、文章表現とかコンテンツに触れながらお金稼げるなんて最高じゃん」なんて思っているんだから、一時の感情ほどあてにならないものはないですね。

 

なぜ心境の変化が生まれたのかは自分でもよくわかりません、徐々に変わっていったって感じ。

自信がついたからなのか、会社の居心地がよくて純粋に「仕事内容」だけでやりたいorやりたくないを評価した結果、やりたい気持ちがクリアになったのか......。

 

ぶれがちとはいえ、今後心変わりして「いや、やっぱ国家資格とって堅実に生きていこう」と思うことはない気がする。これもあてにならない感情でしょうか......。

 

進む方向を決めるには、ある程度の期間費やすのを前提に、挫折したり迷いを抱えたりしながら、とりあえずやってみる的なプロセスを踏む必要があるんだねと思いました。

いまの会社にいつまで在籍するかとか、今後の働き方の形態とか、まだ何も決まってないけど、今後も変わらず文章を扱う仕事に就くつもりでいます。

書きたいものと書けるものが違うからぶれる

「文章を書いて生きていける人になりたいなあ」などと、超漠然と願ってはいるものの、「あんた何書きたいの?」と自問すると、これまたぶれまくります。

 

SEOなんて書いたって何もおもしろくないよと思ってたけど、SEO意識したブログを始めてみたり、人に読んでもらえなきゃ仕方ないという焦りから、流行りのエモいエッセイを書いてはみたり。(案の定続かなかった。)

 

純文学作家になりたいのか、エッセイストになりたいのか、ブロガーになりたいのか、ていうか別になんでもいいのかな......?そもそも、ホントに書きたいことなんてあるの?書く人になりたいんだっけ、あれ?

思考ぐるぐるエンドレスループ、これが続くうちに、自分の浅さに絶望して、低い自己肯定感がまた低まっちゃうんですよね。

 

まあ現在進行形でエンドレスループ中ではあるんだけど、でもとりあえず今のところ「全部。(上に挙げたもの全部書きたい!)」っていう仮説を受けいれはじめています。

 

書きたいものについて、あえて優先順位をつけるとすれば文学>エッセイ含むその他>ブログ

 

でももう少し、個人の経験とか思考に寄り添ったものを書こうとすると、エッセイとか文学になるんですよね。じゃあその二つの違いって?

エッセイは自分ごとメイン(自分と自分を取り巻く世界のことを書く)で、文学はもうちょっと広く自分から離れられるし、異世界のことを書いてよし。エッセイは基本的に回想と共感、文学は表現と提案だ。そうね、どちらも捨てがたい。

 

ただ実力的に、表現力のMaxが1000だとしたら50くらいだし何かを提案できるほどの構成力も経験も蓄積もないんですね。そうすると、どうしても半径30メートル以内の共感話になってしまうわけですよ。書きたいことを書く実力がないので、今は。このブログもそうですし。

だからと言って、稚拙なものしか書けないから書いちゃいけないわけでも、書こうと思わないようした方がいいわけでもないので、引き続き、「書きたい」気持ちはもって臨もうと思います。

 

伝えたいことはとくにないし、人の心を揺さぶろうとも思っていないので 

そもそもなんで書きたいのか、ここがたぶん肝要なところなのよ。まあ答えなんてそうそう簡単には出ないんだけど......

書きたい理由はよく整理できていないけど、ひとつは自分の感情の放出がしたいから。もうひとつは、生きててもいいんだ〜と思える心の拠り所がたまたま文章の中にあって感動したから、私もそっち側にいけたらいいなあと、漠然とした憧れ。なんだろうでも、受け手側の気持ちみたいなのは一切考えてないんですよね。結局主語は、「私が」そっち側にいきたい、「私が」書きたい、だから私の個人的な願望に終始していて。

 

読み手にこう思ってもらいたいとか、読み手の心を揺さぶりたいとか、感動させたいとか、そういうことではない。私は書きたいものを書けるようになりたいのであって、そりゃあ読んでくれる人がいなきゃ始まらないし、読んだ人が時間無駄にしたと思うようなものは書きたくないのだけど。だけど、どこまでいっても文章の中に何を見出すかは読み手の自由なので、「私の文章で人を感動させるぞ〜〜〜」と思って書くのは違うでしょっていう確信があり......結局書きたい理由は、全部自分のためです。

 

文章を書く動機として、「誰かに感動を与えるため」に比べたらまだ「自分が有名になりたいから」の方が近い気がします。

 

だから私は、まずは書きたいものを書けるようになってください。

そして願わくば、それが誰かの手元に届いて、なにかしら新しい価値なりきっかけなり色なり、書き手が想像だにしていなかったことを自由に見出してくれたら嬉しいなって感じですね。

結局誰かとつながらないと、ひとりでは生きていけませんので。